ルプラック・ジェネリック買うなら通販で!

PCにうつる通販サイト

女性の皆さん"むくみ"って気になりませんか?
もちろん女性だけでなく男性でもむくみが気になる人は多いと思います。

  • 顔がむくんでいる…
  • 足がむくんで太く見える…
  • むくんでいると身体が重い…

このような悩みを一度は抱えたことがあるのではないでしょうか?

女性の大敵ともいえるむくみですが、そんな悩みを解消してくれるのがルプラックです!
ルプラックは利尿剤の一つですが、むくみの改善に非常に効果があります。

  • 毎日むくみが気になる
  • むくみがなかなかとれない

そんな人でもルプラックを使用することでむくみが解消されるのです!

ここでは、ルプラックについてとオススメのジェネリックについて詳しく紹介していきたいと思います。
むくみと戦っている方はぜひ参考にしてみて下さい!

【目次】

通販で購入できるルプラック・ジェネリック

ルプラック・ジェネリックは通販で購入することができます。
また、その種類も豊富にあるため自分に合ったものを選ぶことができます。

トラプレス

トラプレスはAlniche Life Sciences Pvt. Ltd.社が製造しており、1錠25円から販売されています。

トラセミドタブレット

トラセミドタブレットはインタスファーマ社が製造しており、1錠22円から販売されています。

ダイトール

ダイトールはジェネリックの大手製薬会社のシプラ社が製造しており、1錠21円から販売されています。

ムクミトール

ムクミトールはレクメズ社が製造しており、1錠20円からとルプラック・ジェネリックの中でも最安値で販売されています。

個人輸入の通販は少し不安・・・ほんとに安全なの?

ルプラック・ジェネリックは楽天やアマゾンなどの国内販売をしている通販サイトでは購入することができません。
では、どこで購入できるかというと、個人輸入をすることで購入することができるのです。

医薬品は個人輸入をすることで、直接通販で購入することができます。
日本国内では、クリニックに行き医師の処方せんを必要とするお薬でも個人輸入をすることで簡単に通販することができます。

楽天やアマゾンなどでは医師が直接見ることができないため販売されていません。
また、医薬品の個人輸入では国内からの発送ができないため、販売することができません。
処方せん薬に指定されているものを国内で購入するためには医師の処方せんが必要となるのです。

個人輸入では海外からの発送となるため国内で販売されているわけではありません。
また、医薬品の個人輸入では、個人使用の目的でのみ購入することが認められています。

個人輸入を行う場合には、個人輸入代行サイトを利用することで簡単に通販できます。
この代行サイトは本当に安全なのでしょうか?

安心して通販できるサイトの選び方

安心して通販を行うためには、サイト選びが重要となります。
どのようなサイトを利用したらいいのか、何をチェックしたらいいのかわからない人も多いと思います。
ではここからは安心して通販できるサイトの選び方について見ていきたいと思います。

会社情報がしっかりと記載されている

ネットでの通販サイトでは基本的に会社情報が記載されています。
しかし、会社情報が記載されていないサイトも存在することも確かです。
会社情報がないということは、実際にそのサイトを運営している会社が存在していない可能性もあるため、絶対に利用しないで下さい。

また、会社の所在地、住所、代表者の氏名などが記載されていない場合にも、安心できるサイトとは言えません。
サイトマップなどから会社情報を確認し、ある程度明確であることを確認するようにして下さい。

商品が豊富にある

通販代行サイトなどで、商品が掲載されていると思います。
しかし、よく見ると一度は名前を聞いたことのある商品しか並んでいない、商品詳細がしっかり書かれていないサイトもあります。

人気商品が並んでいると、なんとなく取り扱いが豊富なように見えますが、実際に商品数が少ない場合には疑わしいサイトです。
人気や有名な商品だけでなく、ジェネリックなどを含め品ぞろえが良く商品数が豊富なサイトを選ぶようにして下さい。

また、商品の詳細が記載されていないサイトも疑わしいです。
商品の写真、成分名、価格、商品の詳細などが細かく書かれているサイトを利用するようにして下さい。
中には写真が掲載されていない、価格のみ表示されている、商品詳細は書いてあるが日本語がおかしい、このようなサイトもあります。
商品が豊富にあり、商品の詳細もしっかりとされているサイトを利用するようにしましょう。

運営実績がある

運営の実績があることも重要です。
運営歴が長いということは、それだけ利用者がいるということです。
また、運営歴が長いことで信頼にも繋がります。

運営歴も会社情報などに書いてあるため確認し、できるだけ運営歴の長く利用者に信頼されているサイトを選びましょう。

電話対応しているか

サイト内で電話番号の記載があり、カスタマーサービスを行っているサイトは安心できると言えます。
電話対応をしているということは、電話の先にカスタマーがいて実際に注文したり、質問をしたりできるということです。

近年はネットショッピングも簡単にできるようになってきましたが、電話で対応を行ってくれるサイトはいまだに多く存在します。 そういったサイトは利用者も多く、信頼されていることから安心して利用できるサイトと言えます。

口コミはきちんと掲載しているか?

アマゾンや楽天などでもレビューや口コミなどが掲載されていると思います。> 実際に利用した人が投稿するものとなっていますが、口コミがきちんと掲載されているサイトであることを確認しましょう。

口コミを見てこのサイトがどのようなサイトであるか、商品はどんなものであったかなどを見ることができます。
悪いことばかり書かれているサイトも良くありませんが、口コミがないサイトの場合には利用するメリットが一つもないサイトである可能性もあります。

安心して通販できるサイト

安心して通販できるサイトにお薬なびがあります。

お薬なびというサイトは2009年から運営されているサイトです。
当サイトについてというページの中で、特定商取引法表記がされています。
Second Stage Group Limitedという会社が販売しているサイトです。

お薬なびは上記で説明した運営実績もありますし、電話対応も行っています。
商品の様々な症状に対しての豊富な種類があり、商品の写真や詳細も細かく記載しています。

ルプラックってどんな薬?

では、ルプラックは実際にはどのような薬なのでしょうか。
ルプラックは利尿剤でむくみを取るという効果がありますが、ここから詳しく見ていきたいと思います。

ルプラックの特徴

ルプラックはループ利尿剤と呼ばれる利尿剤です。
有効成分にはトラセミドを含み、心不全や腎不全に対してのむくみに効果があります。

他の利尿剤と比較した時に効果の持続時間が長く、尿を排出することでむくみを改善する効果があります。
また、低カリウム血症を起こしにくいとされているお薬です。

ラシックスの代用として知られるように

実は利尿剤にはラシックスという有名で人気のある利尿剤がありました。
ルプラックはラシックスと同じように販売されていましたが、利尿剤=ラシックスというイメージが強く知名度は低いものでした。

しかし、ラシックスに含まれているフロセミドという有効成分を含む薬の個人輸入が禁止となり、ラシックスに代わる利尿剤としてルプラックが知られるようになったのです。
いわゆる、ラシックスの代用品となっていますが、ルプラックも確かな効果を持つ利尿剤でり、ラシックスの代用とされていますが、むくみの解消には同等の効果をしまします。

知られるようになったきっかけがラシックスの代用という形にはなってしまいましたが、利尿剤としては日本国内でも処方されているお薬です。

ラシックスとルプラックの違い

ではラシックスとルプラックの違いですが

  • 有効成分
  • 効果の持続時間
  • 低カリウム血症

大きく分けるとこの3つが挙げられます。

有効成分ですが、ラシックスはフロセミドという有効成分を含んでいます。
ルプラックはトラセミドという有効成分を含んでいます。
どちらの成分も同じループ利尿剤というお薬です。

ラシックスとルプラックの効果の持続時間を比較するとルプラックの効果の持続時間の方が長くなっています。
そのため、一度の服用で長く効果があるためその分むくみも解消することができます。

ラシックスは低カリウム血症という症状を起こしやすいお薬でした。
しかしルプラックは低カリウム血症が起こりにくいお薬となっています。

ルプラックでダイエットはできるの?

利尿剤はむくみを取ることができるお薬だということは理解していただけたと思います。
尿をたくさん排出することのできるということはダイエットにも効果があるのではないか?と考える方もいると思います。
実際にはダイエット効果を期待することもできます。

ルプラックをむくみを取る以外の、ダイエット目的で使用している人もいます。
尿を多く排出することで体重を軽くすることができます。
むくみが残っている状態では、老廃物が身体の中に溜まっていることになります。
老廃物が溜まると、基礎代謝自体が低くなり、痩せにくい身体となってしまいます。
また、水分が身体にある状態では、体温が下がるため基礎代謝を下げてしまう原因ともなります。

ルプラックを使用することで水分を排出し、むくみを取った結果ダイエットに繋がるということです。

ルプラックの解説

ルプラックは実際どのように使ったら良いのでしょうか。
ここではルプラックについて解説していきたいと思います。

ルプラックの効果

ルプラックにはトラセミドという有効成分が含まれています。
トラセミドはループ利尿剤と呼ばれ、腎臓や膀胱に働くことで尿の量を増やし、体外に排出させます。

腎尿細血管でのナトリウムやカルシウムの再吸収を抑えることで利尿作用があり、血液の循環量を減らすことで血圧を下げる効果もあります。> 尿と共に老廃物を排出することができます。

ルプラックの副作用

ルプラックの主な副作用には

  • 血管障害
  • 電解質失調
  • 口渇
  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • ASTとALTの上昇
  • BUNとクレアチニンの上昇
  • 頻尿

などがあります。

重大な副作用には

  • 肝機能障害、黄疸
  • 血小板減少
  • 低カリウム血症、高カリウム血症

があります。

重大な副作用が認められた場合には、使用を中止して下さい。

ルプラックと一緒に飲めない薬

ルプラックには一緒に飲むことができない併用禁忌薬はありません。
ですが、心配である場合には医師に相談するようにして下さい。

ルプラックと一緒に飲むのに注意が必要な薬

  • ノルエピネフリン

血圧上昇に使用されるお薬です。

  • ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物

神経金遮断薬で麻酔時などに使用されるお薬です。

  • ACE阻害剤、β遮断剤

高血圧、狭心症の治療に使用されるお薬です。

  • ゲンタマイシン硫酸塩、アミカシン流酸塩

表在性皮膚感染症や慢性膿皮症、敗血症、肺炎、膀胱炎の治療に使用されるお薬です。

  • セファム、セファロスポリン

敗血症、肺炎、膀胱炎の治療に使用されるお薬です。

  • ジギトキシン、ジゴキシン

心不全、心房性不整脈、狭心症、心房細動の治療に使用されるお薬です。

  • 副腎皮質刺激ホルモン

汎下垂体機能低下症、副腎性のクッシング症候群の治療に使用されるお薬です。

  • 糖質コルチコイド、グルココルチコイド

炎症反応のある外傷や感染の治療に使用されるお薬です。

  • インスリン、血糖降下薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、インスリン抵抗性改善薬、SGLT2阻害薬、ファシグリファム

糖尿病の治療薬に使用されるお薬です。

  • 炭酸リチウム

躁うつ病、躁病の治療に使用されるお薬です。

  • サリチル酸ナトリウム、アセチルサリチル酸

症候性神経痛、関節痛、痛風、尿路結石などにの治療に使用されるお薬です。

  • インドメタシン

関節リウマチ、変形性関節症の治療に使用されるお薬です。

  • プロぺネシド

高尿酸血症の治療に使用されるお薬です。

  • カルバマゼピン

神経運動発作、てんかん発作、躁病、躁うつ病などの治療に使用されるお薬です。

ルプラックの飲み方

成人は1日1回4mgから8mgを服用して下さい。
初めてルプラックを服用する方は4mgから開始することが推奨されています。
年齢や症状によって服用量を調節することができますが、効果の実感できない場合にのみ行ってください。

ルプラックを飲むときの注意

ルプラックは服用後、1時間ほどで効果を発揮し、その後4時間から6時間は効果を持続します。
頻尿となるため、トイレに行ける環境が整っている際に使用するようにして下さい。
尿意を我慢してしまうと膀胱炎を引き起こす恐れがあります。

また、就寝前には服用しないで下さい。
体内の水分が減ってしまうことで、足をつってしまう恐れもあります。

むくみを放っておくと?

むくみはしんどいけれど、そのままでいいやと放っておくとどうなるでしょうか。
ここからはむくみについて詳しく見ていきたいと思います。

むくみとは?

むくみとは体内に水分が溜まってしまうことで起こるものです。
皮膚の下には皮下組織というのもがありますが、この部分に水分が溜まってしまいます。
基本的には痛みを伴いませんが、腫れぼったくなり押すと後が残るようになります。

症状が出る部位としては、足や手、顔などが多くなっています、
水分も重力によって下に下がるため、下肢に起こることが多く、ふくらはぎの部分に起こる人が多くなっています。

むくみが起こっている部分には、水分と共に老廃物も溜まっています。
水分や老廃物を体外に排出することができればむくみは起こりませんが、うまく排出されずに残ってしまうとむくみとなるのです。

むくみがおこる原因

では、むくみの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
実際にむくみの原因について見ていきたいと思います。

サイズの合わない靴をはいている

サイズの合わない靴は足を圧迫して血流を悪くする、足の指を使って歩くことが難しくなりむくみの原因となります。

手足が冷えている

しまい 手や足などが冷えていると、基礎代謝が落ちて体内での血液循環が悪くなりむくみの原因となります。

冷たい飲み物ばかり飲む

冷たい飲み物は身体を冷やしてしまうことから、身体全体の血流を悪くするためむくみの原因となります。

長時間同じ姿勢

立ち仕事の場合には重力により水分が下に溜まってしまい、デスクワークなどで長時間座っていると筋肉を動かすことがないため血流が悪くむくんでしまいます。

アルコール摂取

アルコールを摂取すると血管の透過性が高くなってしまいます。
血管中での水分が出やすくなることからむくみの原因となります。

水分や塩分の摂りすぎ

水分や塩分を多く摂取してしまうと、血管中で水分量を増やす原因となります。
上手く排出することができないとむくみの原因となります。

運動不足・筋力不足

運動不足や筋力不足となると、代謝が低くなるとともに、血液を循環させることができなくなるためむくみの原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合には生理や妊娠、更年期などによってホルモンバランスが崩れてしまい、血行が悪くなることでむくみの原因となります。

むくみを起こしやすい食べ物

むくみを起こしやすい食べ物も存在します。
主に塩分の多い食べ物となるため、過剰に摂取してしまうとむくみやすくなってしまいます。

  • 梅干し
  • ラーメン
  • 漬物
  • 魚の練り製品
  • ハムなどの加工品

これらの食べ物は塩分が多く含まれています。

むくみやすい部位

むくみは全身に起こる症状ですが、部位によっても原因が異なります。> では部位別にどのような原因があるのか見ていきましょう。

足は最もむくみが出やすい部位です。
特に何かをしていたわけでなくても足がむくんでいることは女性ならご理解いただけると思います。

足のむくみの原因として挙げられるのは、疲れや睡眠不足です。
長時間同じ姿勢をしていると疲れてしまったり、睡眠が足りていないと筋肉を上手く動かすことができなくなることからむくみやすいとされています。

顔がむくんでいる日というのは前日にアルコールを摂取した日が多いと思う方もいると思いますが、顔がむくむ原因にはアルコールがあります。
また、女性の場合には生理が原因でホルモンバランスが崩れることから顔がむくんでしまうことがあります。

顔がむくむ際には内臓が休めていないことがあるため、アルコールを摂取した翌日は顔がむくんでしまうことがあります。

手がむくんでいるという時は血流が指先まで届いていないために起こります。
日中は手を動かしていることも多く血流が滞ることはありませんが、寝ている間は動かさないため、起きたときにむくみを感じる人もいます。

指輪がきつい、指がパンパンになっているということで気付くことがあるようです。
むくみが1日取れないという場合もあります。

むくみを放っておくデメリット

むくみを放っておくと様々なデメリットがあります。
もちろん太って見えるなどの見た目の問題もデメリットの一つとなりますが、それだけではないのです。

むくみを放置してしまうとセルライトが増えてしまいます。
セルライトは一度できてしまうと解消することが難しいです。
また、血流が悪いことから静脈瘤になってしまう恐れもあります。
色素沈着や皮膚潰瘍などの皮膚疾患を引き起こす恐れもあるため、むくみは放置せずに解消するようにしましょう。

こんなときはすぐに病院へ

むくみの症状からも病院に行った方がいいケースがあります。

  • 食事の直後、薬の服用の直後にむくみがある場合
  • 数日間で局所にむくみができた場合
  • 薬の服用開始や薬を変えた際にむくみができた場合

上記の場合にはすぐに病院に行くようにして下さい。

また、今すぐにとは言いませんができるだけ早く病院に行った方がいいケースもあります。

  • 関節の痛みとむくみがある場合
  • 足に静脈瘤がある場合
  • 肝臓が不調でありむくみができた場合

上記の場合にはできるだけ早く病院に行くようにして下さい。

むくみと肥満

むくみと肥満には深い関係があります。
むくみは水分が原因で起こりますが、肥満は脂肪が原因となります。

ですが、むくみが起こり水分が体内に滞っている状態では体重が変わってきます。
むくみを解消しただけで体重が変動したという人もいます。

むくみをチェックする方法

ではどうしたらむくみを確認することができるでしょうか。
むくみをチェックする方法について見ていきたいと思います。

ふくらはぎ

むくみは足に出やすく、特にふくらはぎに起こりやすくなっています。
ふくらはぎを軽く押してみると、むくんでいる場合には白色に変わります。

自分の足のサイズにピッタリな靴を履いているのにも関わらず、靴がきつくなったという経験がある人もいるのではないでしょうか。
これはむくみによって足が膨らんでいるために起こります。
普段の靴がきつく感じる時にはむくんでいる可能性があります。

靴下の後

靴下は長時間履いていると、ゴムの後が付いてしまうことがあると思います。
これは靴下がずれないように着圧されているからできるものですが、むくんでいる場合には靴下の後がなかなか消えません。

早めの改善を

むくみはできるだけ早く解消することが大切です。
放置してしまうことで病気の原因となったり、むくみが取れにくくなってしまうこともあります。> むくみが出てきたら早めに改善するようにして下さい。

むくみとダイエット

むくみはダイエットをしている人にとっては天敵となります。
むくみが原因で太って見える、身体のラインがきれいに見えない、水分で体重が重くなっていることがダイエットにとっての敵となるのです。

むくみが起こる原因には水分と説明しましたが、老廃物が溜まっていることもむくみの原因となっています。
老廃物は体内に長期間溜まってしまうと、細胞が劣化する原因となります。
劣化した細胞は脂肪細胞へと変化してしまうため、結果的に脂肪が増えたりセルライトができてしまいます。

ダイエットをしているのになかなか体重が落ちない、肥満が改善されないなどの悩みはもしかしたらむくみが原因となっている可能性もあります。
特に女性の場合にはホルモンバランスの影響から痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。

むくみ期と呼ばれる時期では、体内の水分量が増えてしまい、ダイエットをしてもなかなか体重が落ちません。
痩せやすい時期には、水分や老廃物も排出しやすい時期となるため、体重が落ちやすくむくみも解消されやすい時期となります。

肥満の改善やダイエットをしていても体重が落ちないという場合には、むくみが原因であることが多くなるのでむくみの解消を行うようにしましょう。

むくみで気になる病気

むくみがとれない、頻繁にむくむという時には、病気が隠れている可能性もあります。
実は病気の症状としてもむくみがあるのです。

ただのむくみだと放置してしまうと病気になるということは上記で説明しましたが、むくみで気になる病気というものも存在します。
では、むくみで気になる病気にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

肝臓と腎臓の機能障害

むくみの原因は水分が体内に溜まってしまうことですが、これには肝臓や腎臓に障害がある可能性もあります。
アルブミンという物質は水分の排出に大きく関わっている物質です。
このアルブミンの量が少なくなってしまうと、体内の水分量が増えむくみやすくなってしまいます。
アルブミンは肝臓や腎臓を通ることで発生する物質となるため、アルブミンの量が少ない場合には肝臓や腎臓を疑う必要があります。

そのため、足のむくみがとれないという場合には肝臓や腎臓の機能が正常に働いていないかもしれません。
肝臓障害の肝硬変ではむくみが全身に起こるという症状があります。
腎臓障害では顔やまぶたがむくんでしまうという症状も起こります。
むくみを気付くことができれば肝臓や腎臓の障害も気付くことができます。

心不全・下肢静脈瘤

心不全を含む心臓障害、下肢静脈瘤などもむくみの原因となります。
この場合の特徴は、一過性ではないということです。
疲れや立ち仕事などによるむくみは一過性であることがほとんどですが、長く続くむくみにはこうした病気が隠れている恐れもあります。

心不全の場合には心臓から血液を送るポンプの役割が心臓で出来なくなるために起こりますが、その結果足のむくみも起こります。
むくみに気付くことができれば、心筋梗塞、動脈硬化、狭心症といった心不全の原因となる病気を発見することもできます。

下肢静脈瘤は足の静脈にある値の逆流を防いでいる弁が障害を起こすことで、足に血液が溜まりやすくなります。
その結果むくみが起こるというものです。
下肢静脈瘤の場合には皮膚が盛り上がるため目視での確認もすることができます。

栄養失調

むくみが起こることで栄養失調の疑いもあります。
先ほども説明しましたアルブミンはタンパク質のから生成されます。
ダイエットなどでタンパク質制限をしているとアルブミンの量が少なくなるため、むくみが起こりやすくなります。

むくみの予防方法

むくみが起こる前にむくみが予防できればそれがベストであると思います。
どのようにしたらむくみを予防することができるのでしょうか。
では、ここからはむくみの予防法について見ていきたいと思います。
予防法を実践することでむくみを起こさないようにしましょう。

体を動かす

運動や軽いストレッチなどで身体を動かすようにして下さい。
同じ態勢が多いという人にはとても有効です。
身体を動かすことによって、筋肉の硬直を防ぎ、血流を良くすることができます。
特に足のストレッチは血流を良くすることでむくみを予防できます。

塩分を摂りすぎない

塩分は水分の分泌を促してしまうため、大量に摂取しないようにしましょう。
上記で塩分の多い食べ物について触れましたが、梅干しやラーメンなどは適度な量にとどめて下さい。

また、塩分の多い食べ物でなくても濃い味を好む人は注意して下さい。
味が濃い食べ物というのは基本的に塩分が高くなっています。
ただ、適度に味わう分には心配ないので、取り過ぎには注意するようにして下さい。

塩分排出を助ける栄養素を摂る

体内に水分量を増やしてしまう塩分を排出する栄養素というものがあります。
積極的に摂取することで塩分を排出し、水分の分泌を防いでくれます。

また、水分の排出もできるため体内に水分をとどめておくことがなくなります。
毎日の食生活の中で少し取り入れるだけでむくみを予防することができます。

アルコールは飲みすぎない

アルコールの摂取もむくみの原因となると上記で説明しました。
アルコールの大量摂取は顔のむくみを起こしてしまうので、適度な量に抑えておきましょう。

実はアルコールは少量であっても度数が高いものを摂取してしまうとむくみが起こりやすくなります。
酔っぱらうほどアルコールを摂取しないようにすることでむくみを予防することができます。

弾性ストッキングを着用する

むくみを防止するために弾性ストッキングを着用するという方法があります。
よく見かけるものでは夜着用したまま寝るというものです。
医療法の弾性ストッキングもありますが、現在はドラッグストアなどでも購入することができる手軽なものとなっています。

着用するだけでむくみを予防することができるため、非常に簡単です。
夜だけでなく、日常的に使用することのできるものもあるので、活用することでむくみを予防することができます。

体を締め付ける服は避ける

身体を締め付けるような洋服は血流を悪くしてしまうため、できるだけ避けるようにして下さい。
女性は特に流行などに合わせて洋服をチョイスすることもあると思います。
見た目が良くてもむくんでしまうことで、夕方には太って見えてしまう可能性もあります。

身体を締め付けるということはその分血管も締め付けることになります。
血流を良くすることでむくみは予防することができるので、身体を締め付ける洋服は避けるようにして下さい。

体を冷やさない

身体を冷やしてしまうと血流が悪くなるためむくみやすくなってしまいます。
特に夏場のエアコンなどでは冷えを加速してしまうことがあり、むくみやすくなっています。

足先は冷えやすくなるので、靴下を着用することで冷えを解消することができます。
寝るときなども身体を暖めるようにしてください。

身体を冷やすということは基礎代謝も下げてしまいます。
基礎代謝が下がると水分を体内に保持しようとしてしまうためむくみやすいです。
できるだけ身体を冷やさず暖めるようにして下さい。

むくみの解消方法

むくみは解消することができます。
部位によって解消方法は異なりますが、マッサージやストレッチなどでも解消することができます。

また、日常の中で少しだけ意識してみることでも解消することができます。
むくみが起こってしまったらできるだけ早く解消したいというのが本音だと思います。
むくんでいることで見た目も良くないし、体重も増えてしまうなどのデメリットが多いからです。

上記では予防方法について詳しく紹介してきましたが、実際にむくみを解消する方法についても知りたいですよね。
ではここからはむくみの解消方法について詳しく紹介していきたいと思います。

顔のむくみはアルコールが原因で起こることがほとんどです。
しかし、顔がむくんでいるとなんとなく太ってみてしまうものです。

朝起きて気付いたらむくんでいた!そういう場合には今すぐにでも解消して家を出たいですよね。> 顔の解消方法は実は簡単にできるものが多いです。

冷水温水で交互に洗顔

冷水と温水で交互に洗顔することで血行を良くしてむくみを解消します。
冷水と温水を交互に使用することで交感神経を刺激することができます。
交感神経を刺激すると血行を改善してくれる働きがあります。

冷水と温水で自分がびっくりしてしまうと思いますが、交感神経も同じで交互に顔に当てることで刺激を加えることができるのです。
この時のポイントとしては、冷水で洗顔する時には軽く顔をたたくようにしてください。

ホットタオル

ホットタオルを顔にかけて時間を置くと暖かいため血行が良くなり、むくみを解消することができます。

ホットタオルは自宅で簡単に作ることができます。
まず、ハンドタオルなど顔が覆えるサイズのタオルをたっぷりの水で濡らします。
軽く絞った後に電子レンジで30秒ほどチンして下さい。
※この時タオルのサイズによって暖める秒数が異なるので、自身で温度を確認して下さい。
熱すぎない程度のタオルで顔を覆い、2分ほど置きます。
血行を良くすることができ、すっきりするためむくみを解消することができます。

マッサージ

マッサージすることで顔のむくみを解消することができます。
ここでは簡単なマッサージ方法を紹介します。

マッサージクリームなどを使用して、頬からこめかみに向かって引き上げるようにマッサージして下さい。
これを5回ほど繰り返します。
必ず顔の中心から外側に向かって行ってください。

今度は耳を挟むように親指を人差し指で包み込み、そのままこめかみに向かって引き上げて下さい。
この時にはフェイスラインを意識してマッサージしましょう。

最後に首のリンパを流すようにマッサージして終了です。
マッサージクリームがない場合には洗顔後のスキンケアの際におこなって下さい。

身体の全体的にむくみを取るということは難しいのではないかを思う人も多いかもしれません。
しかし、足や手、上半身などにむくみを感じるという人も多いです。

身体のむくみの解消方法を理解し実践することで、むくみは改善できます。
様々な方法があるため、自分の取り入れやすい方法を選択してください。
では、身体のむくみ解消方法について見ていきたいと思います。
ぜひ実践してむくみを解消して下さい。

ストレッチやエクササイズをする

身体全体のむくみを取る時にはストレッチやエクササイズを行うと解消することができます。
特に足のむくみや上半身のむくみにはストレッチが有効となります。

ストレッチやエクササイズをすることで血流を良くすることができます。
また、適度な運動となり筋肉を解すことができ、血流を良くするとともに基礎代謝を上げることができます。
ストレッチやエクササイズでは身体を暖めることもできるので、むくみを解消することができます。

簡単な方法には足の指を伸ばす方法があります。
膝は曲げたまま足先をピンと伸ばします。
この状態で5秒ほど伸ばし、緩めます。
デスクワークの方でも座ったままできるためオススメです。

マッサージする

マッサージを行うことは血流を良くすることに繋がります。
特にリンパに沿ってマッサージを行うとむくみの解消に有効です。

足首から膝裏に向かって両手でさするようにマッサージして下さい。
この時は優しく押すことをオススメしますが、自分の気持ちいい強さで押すことが一番です。
膝裏にあるリンパ節を押してみるのも良いです。

マッサージをする時には全体的にもみほぐすようにして下さい。

むくんだ部分をあげる

むくんでいる部分というのは、血行が悪くなっており、血流も悪くなっています。
心臓よりも下にある足などはそのためむくみやすくなっています。

また、むくんでいる部分はポンプの働きが悪く血液を心臓に送り返すことができていません。
そのため、下に下にと行きむくんでしまうのです。
椅子に座っている場合には、腰かけてる位置よりも高く足を上げるようにすると無クモを解消することができます。
できるだけ血液を心臓に戻せるようにむくんでいる部位をあげて下さい。

湯船に浸かる

湯船に浸かることで、身体を暖めることができます。
身体が冷えてしまうと体内の水分量を保持しようとしてしまうため、湯船に浸かることで身体を暖め基礎代謝を上げることができます。
湯船に浸かって身体を暖めるようにして下さい。

カリウムの多い食材を摂る

カリウムは塩分を調節してくれる働きを持っています。
塩分の調節をすることで体内の水分量も調節することができるので、カリウムの多い食材を摂取するようにして下さい。

むくみを解消してくれる栄養素

むくみを解消してくれる栄養素というものが存在します。
いつもの食事に少しだけ意識して取り入れるようにすることでむくみの解消を助けてくれます。

カリウム

カリウムは塩分を調節する働きをしているため、塩分を排出する効果が期待できる栄養素です。
カリウムが含まれている主な食材には

  • アボカド
  • バナナ
  • ほうれん草

などがあります。

クエン酸

クエン酸は体内に溜まってしまった老廃物を分解し、排出する効果が期待できる栄養素です。
クエン酸が含まれている主な食材には

  • グレープフルーツ
  • レモン

などの柑橘系のフルーツに含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは体内にあるナトリウムを尿と共に排出する効果が期待できる栄養素です。
ビタミンEが含まれている主な食材には

  • モロヘイヤ
  • アボカド
  • プルーン

などがあります。

サポニン

サポニンは体内の水分の量を調節する効果が期待できる栄養素です。
サポニンが含まれている主な食材には

  • きゅうり
  • ごぼう
  • 小豆
  • にんにく

などの野菜に含まれています。

ビタミンB6

ビタミンB6はホルモンバランスを整える働きがあり、生理前のむくみを抑える効果が期待できる栄養素です。
ビタミンB6が含まれている食材には

  • まぐろ
  • かつお
  • 牛レバー
  • 大豆

などがあります。

利尿剤を飲む

むくみの改善方法や予防方法には様々なものがありましたが、実際には利尿剤を飲むことで素早くむくみを解消することができます。
利尿剤を飲むことで体内の水分を排出することができるので、今すぐにむくみを解消したいという方は利尿剤がオススメです。

オススメのルプラックジェネリック

オススメのルプラックジェネリックにはレクメズ社が製造している、ムクミトールです。
白色の丸い錠剤で、1錠21円から販売されており、コストパフォーマンスに優れています。
ムクミトールを製造しているレクメズ社は、製造過程において日本人のスタッフが携わっていることから、小柄な日本人の体質にも合うお薬となっています。